TOP安倍文殊院紹介寺宝・文化財

国宝

文殊菩薩像

国宝 渡海文殊(とかいもんじゅ)

当山のご本尊文殊菩薩は獅子に乗り4人の脇侍を伴う渡海文殊【5像全てが国宝】のお姿です。鎌倉時代・建仁3年(1203年)に大仏師・快慶によって造立されました。
渡海文殊は当山の本山である東大寺が、平安時代末期に平重衡によって焼打ち炎上させられ、大仏が再造立された際、大仏殿再建の象徴として、総責任者・重源上人の念持仏でもあった文殊様を、平安時代から東大寺の別格本山であった当山に造立し、東大寺総供養に法要する為であったと考えられています。

  • 本尊文殊騎士菩薩

    本尊 騎獅文殊菩薩像

    鎌倉時代
    国宝
    木彫極彩色の騎士像(高さ7㍍・日本最大)で、右手に降魔の利剣を持ち左手に蓮華を持ち獅子に乗った渡海文殊像です。文殊様の胎内墨書銘と胎内から発見された造立願文(国宝)により、建仁3年(1203)の快慶の作と判明しています。
  • 文殊様の向かって右側に立つ善財童子は、「華厳経」入法界品に登場する純粋可憐な童子で文殊菩薩の教導を受け、仏の悟りを得るために、諸所の善知識を歴参することで知られている。
  • 優填王像

    優填王像(うてんおう)

    鎌倉時代
    国宝
    文殊様の向かって右後ろにおられる優填王像は西域・優填酷の王子を意味しますが、文殊様とのかかわりは不明です。しかし、華厳経の新訳本が優填国の僧によって成されるなど、華厳経とは密接な関係にあることから、執り入れられたものと思われる。
  • 維摩居士像(最勝老人)

    安土・桃山時代
    国宝
    文殊様に向かって左後ろに立つ老人像が従者の一人維摩居士と呼ばれる像です。般若系の経典のひとつである、維摩経に維摩居士と文殊菩薩の有名な、法輪の話が載っています。
  • 文殊様の左手前に居る僧を、仏陀波利三蔵(当山では、釈迦十大弟子の一人である須菩提と呼んでいる)である。「仏頂尊勝陀羅尼経」の序文の伝説に、登場してきます。
  • 造立願文(一字三礼の書一巻)

    鎌倉時代
    国宝
    永禄の兵火の際に、文殊菩薩の胎内から発見された巻物で、その奥書には、空阿弥陀仏「明遍」が、その甥にあたる、同門の慧敏の造立になる。本像に奉籠するために、承久二年(1220)に書写したとあります。

寺宝

  • 文殊菩薩像

    弁財天像

    室町時代
    大和七福神本尊
    この弁天様のお姿は、八臂弁天(はっぴべんてん)と言い、八本の腕を持ち、十五人の童子を儒者として従える、真言密教に伝わるお姿をしています。
  • 安倍仲麻呂像

    室町時代
    当山出生の仲摩呂公の威徳をしのんで、室町時代から伝わる坐像で、現在金閣浮御堂内に安置されています。
  • 安倍晴明像

    室町時代
    当山出身の安倍一族で、陰陽道の祖として仰がれています。江戸時代に造営された晴明社の主神として祭られたと記録にあります。現在金閣浮御堂内に安置されています。
  • 釈迦三尊像

    室町時代
    市指定重要文化財
    明治維新の神仏分離によって、元多武峯妙楽寺(現在の談山神社)のご本尊を引き取ったもので胎内には實文九年の修理銘があります。
  • 大日如来像

    平安時代
    市指定重要文化財
    現在本堂に安置されている大日如来像は、当山の本寺であった「安倍寺崇敬寺」のご本尊です。像高97㌢、檜の一木造りで10世紀末頃の平安時代貞観彫刻の名残を留めた逸像です。
  • 地蔵菩薩像

    江戸時代
    明治の神仏分離により多武峯の妙楽寺より移されたものです。この地蔵菩薩は、等身大の立像で、台座を含むすべての部材は、白檀香木の一木造りという見事なものです。
  • 昭和五十七年(1983)十一面観音菩薩像を建立し、参詣者の観音信仰の行場として、多くの信仰を集めている。毎年十一月三日には、盛大に法要が行われています。
  • 普賢菩薩壁画

    江戸時代
    江戸時代初期、今井町(現在の橿原市今井町)に住した有名画家・森勘兵衛によって当山本堂の渡海文殊の両側壁に描かれた大壁画です。元々は普賢菩薩像と文殊菩薩像が描かれていましたが、現在普賢菩薩像のみが公開されています。
  • 秘仏により非公開

    秘仏 大黒天像

    室町時代から当山に安置されている像で、大黒天像としては大変古く貴重な仏像です。
  • 秘仏により非公開

    秘仏 十二天御尊軸十二幅

    室町時代
    この軸は、木版の下絵に彩色を施したもので、応永十四年に、増運和上が作らせた木造の版木が、香川県の与田寺に現存しており、その由緒も、当山十二天軸の箱書きに詳しく記されている極めて貴重なお軸です。
  • 伝 狩野永徳筆の唐獅子屏風

    江戸時代
    狩野永徳によって描かれた、見事な唐獅子の図の屏風が残されています。
  • 大般若経

    奈良時代
    この写経の巻末には、「天平十三年歳次辛己三月八日発願・左京八条二坊・高史千嶋・高史橘」の奥書があります。
  • 鰐口

    室町時代
    本堂正面に架けられていた、大形の鰐口で、そこには「奉鋳安倍山文殊堂常住也 応永十七年(1410)庚寅卯月二十二日の刻銘があり、鰐口の古例として大変貴重なものです。
  • 梵鐘

    江戸時代
    寛永二十年の銘がある。この鐘には「古来より安倍の地三か村の分水の鐘、四六の刻にこの鐘を打ち各村へ分水する」旨の文字が刻印されている。
  • 平安時代
    旧安倍寺崇敬寺の本堂において使われていたと伝承される貴重なもの。