安倍文殊院

お土産オンラインショップ

智恵のらくがん

智恵のらくがん

参拝者に愛されてきた伝統の上菓子

智恵の文殊で知られる安倍文殊院の「智恵のらくがん」です。
一つ一つ丁寧に手作りされた「智恵のらくがん」はふんわり滑らかな口どけと奥行きのある上品な甘さが特徴です。心をほぐしてくれるような甘さは格別のひとときを与えてくれます。
たっぷりの本葛と寒梅粉を使用し、中には国産小豆のこし餡が詰められています。
小豆を使った「智恵のらくがん」は五芒星が型押しされ、魔を払う効果があるとしてお抹茶と共に参拝者へのおもてなしとして振舞われてきました。

ご購入はこちら

亀パン(噛めパン)

亀パン(噛めパン) 

かぼちゃ餡入り名物パン

古来より健康長寿の象徴である亀の姿をした可愛い名物の亀パンです。パン生地と餡にはカロテンを多く含んだ南瓜(かぼちゃ)が使われており、一つ一つ個性豊かな形でじっくりと焼き上げられています。この亀パンは「噛めパン」とも言い、「噛む」ことは人間の脳にフレッシュな血液を送り込み、脳を活性化させる作用があります。皆様がより健康的な毎日を過ごされることを願っています。ぜひご笑味ください。
※焼きたてを急速冷凍しています。袋に入れたまま電子レンジで約30秒温めて頂きますと焼きたての味をお召し上がり頂けます。

ご購入はこちら

月糸

月糸

満月の日に限り製麺される奈良・三輪そうめん

当山は平安時代の陰陽師・安倍晴明が天文観測をしたと伝わるお寺で、古より満月の日には観月法要が行われています。仏教では満月は悟りであり仏の心とされ、浄化や神秘的な力があるとされます。
この素麺は、その満月の日に伝統的な手延の製法で製麺し、すべて国宝・文殊菩薩御宝前にて御祈祷されたものです。
「文殊の月糸」はプラチナ色の帯が巻かれた素麺で、三輪そうめんの全生産量の10%未満しか生産されていない極細素麺です。
「晴明の月糸」は赤い素麺で赤色は魔除けの意味があり、昔から魔除けの植物として知られる赤紫蘇を練り込んでいます。紫蘇の香りが優しく感じられます。
「月糸」は「文殊の月糸」と「晴明の月糸」両方の味をお楽しみいただけます。

ご購入はこちら

ぼけ酒

ぼけ酒

健康を願う薬膳酒

当山が「陰陽師・安倍晴明公」出生の寺院であることから、古代中国の自然哲学の思想であった「陰陽五行」に基づき、薬膳酒の一つとされている木瓜(ぼけ)の実で作られた「ぼけ酒」です。このぼけ酒は境内で栽培した木瓜の実を奈良県工業技術センター並びに今西酒造株式会社によって特別な清酒をベースとして醸造して頂いた薬膳酒です。
奥深い甘さが特徴でぼけの実の芳醇な香りが口いっぱいに広がるお味をお楽しみください。
この「ぼけ酒」を召し上がる方の健康を祈念しています。

ご購入はこちら